[英語-学校では教えてくれない 英文法 解説] 「仮定法」とは?「意味」と「使い方」を例文でわかりやすく短時間で学ぶ

[英語-学校では教えてくれない 英文法 解説] 「仮定法」とは?「意味」と「使い方」を例文でわかりやすく短時間で学ぶ

●仮定法過去

まずは、次の二つシチュエーションについて考えてみましょう。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

Shall we go by bus or by train ?
電車かバスで行くのはどうじゃ?

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

If we go by bus, it will be cheaper.
バスで行った方が安いよ。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

彼らは出掛けるのに、バスか電車のどちらかで行くかを話しており、バスで行った方が安いことを伝えたかった生徒Aは

If we go by bus, it will be cheaper.

と言いました。直訳すると「もしバスで行ったならば、より安くなります。」となりますね。

これは今までの記事で学習した知識を使えば、理解できるはずです。もしわからない方がいたら、過去記事を参照してください。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

[英語-学校では教えてくれない 英文法 解説] 「when」「if」とは?その違いとは?「意味」と「使い方」と「使い分け」を例文でわかりやすく短時間で学ぶ

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

[英語-学校では教えてくれない 英文法 解説] 「will」「shall」の違いとは?「意味」と「使い方」と「使い分け」を例文でわかりやすく短時間で学ぶ

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

では二つ目のシチュエーションについて考えます。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

先程、達磨と生徒Aは話し合った末に電車で行くことに決め、切符も購入しました。すると、そこにゴンザレスがやってきました。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

How are you going to travel ?
どうやってお出かけにいくの?

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

We are going by train. If we went by bus, it would be cheaper, but the train is quicker.
電車で行くよ。バスで行った方が安かっただろうけど、電車の方がはやいからね。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

この時、生徒Aと達磨は電車で出掛けることが既に決まっており、バスで行く可能性はありません。そこで生徒Aはこう言っています。

If we went by bus, it would be cheaper.

直訳すると、「もしバスで行ったならば安かっただろう。」となります。過去形を使っていますが、現在の話をしています。

一つ前のシチュエーションでの生徒Aの発言と、今回の生徒Aの発言を比較してみましょう。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

If we go by bus, it will be cheaper.

If we went by bus, it would be cheaper.

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

二つの文の違いが分かりましたか?

goがwentに、willがwouldになっているのがわかるかと思います。しかし、このように、過去形を使って「ある状況を想像」することを仮定法もしくは、過去形を使うことから仮定法過去と言います。つまり「ある状況を仮定」している訳ですね。二つ目のシチュエーションでは、電車で行くことが決まっており、バスで行くことは起こり得ないので仮定法を使います。

would については過去記事を参照してください。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

あくまで「想像」する時に使うので、ある物事が起こらない、もしくは起こることを想定していない場合に使います。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

What would you do if you won a lot of money ?

もしたくさんのお金を手に入れたら何をしますか?

こちらも想定の話ですので、willがwould にwinがwon になっています。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

●比較

If you find my key, can you call me ?

もし私の鍵を見つけたら私に電話してくれませんか?

これは現在形が使われているので、鍵が見つかることを前提としています。想像の話ではありません。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

If you found a wallet in the street, what would you do with it?

もし道で財布を見つけたら、あなたはそれをどうしますか?

これは、「道で財布を見つける」という今起こることを想定していない物事なので仮定法を使います。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

●wouldとif

通常、ifのすぐ後にwouldを使うことはありません。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

If we went by bus, it would be cheaper.

もしバスで行ったとしたら安かった。(if we would go by bus とはなりません)

しかし、「誰かに何かをするように頼む」時にはifの後にwould を使います。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

I would be grateful if you would let me know your decision as soon as possible.

(フォーマルな手紙において)お早めにご連絡いただければ幸いです。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

●could/might

could とmight も仮定法で使うことができます。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

If I won a lot of money, I might buy a car.

もし大金を手に入れたら、車を買うかもしれない。

(=it is possible that I would buy a house)

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

If it stopped raining, we could go out.

もし雨が止んだら、出かけることができるのに。

(=we would be able to go out)

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

☆仮定法は「どうせ起こらないけど、〇〇だったらなぁー」と想像する時に使うということを頭に入れておきましょう!

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

●If I were/If I was

If I was とIf I wereは同じように使うことができます。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

If I were(was) you, I would buy it.

もし私があなただったら、それを買います。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

●まとめ

覚えておくべきこと

・過去形を使って「ある状況を想像」することを仮定法もしくは、過去形を使うことから仮定法過去と言います。つまり「ある状況を仮定」している訳ですね。

・あくまで「想像」する時に使うので、ある物事が起こらない、もしくは起こることを想定していない場合に使います。

・通常、ifのすぐ後にwouldを使うことはありません。

・しかし、「誰かに何かをするように頼む」時にはifの後にwould を使います。

・could とmight も仮定法で使うことができます。

・仮定法は「どうせ起こらないけど、〇〇だったらなぁー」と想像する時に使うということを頭に入れておきましょう!

・If I was とIf I wereは同じように使うことができます。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

●参考文献

English Grammar in Use Raymond Murphy 2012 p.76,78

今回の内容がお気に召しましたらぜひシェアを!