[英語-学校では教えてくれない 英文法 解説] 「It is said that」「is said to」「is supposed to」とは?その違いとは?「意味」と「使い方」と「使い分け」を例文でわかりやすく短時間で学ぶ

[英語-学校では教えてくれない 英文法 解説] 「It is said that」「is said to」「is supposed to」とは?その違いとは?「意味」と「使い方」と「使い分け」を例文でわかりやすく短時間で学ぶ

⚫it is said thatとHe is said to…

ㅤㅤㅤㅤㅤ

あるところにダルマがいました。ダルマはとても年寄りです。誰もダルマの年齢を正確にはわかりません。

このとき、

ㅤㅤㅤㅤㅤ

It is said that he is 150 years old.

or

He is said to be 150 years old.

ㅤㅤㅤㅤㅤ

この二つの文章を作ることができます。どちらの文章も「人々はダルマは150歳だと言っている」という意味になります。

この文章構造は「said」に限らず他の動詞でも同じように適用できます。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

The police are looking for a missing girl.

警察官が迷子の女の子を探しています。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

It is believed that the girl is wearing a pink sweater.

or

The girl is believed to be wearing a pink sweater.

ㅤㅤㅤㅤㅤ

どちらも、「迷子の女の子はピンクのセーターを着ていると思われる」という意味になります。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

○こういった表現はニュースのレポートなどでよく使われます。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

⚫Be supposed to ㅤㅤㅤㅤㅤ

ㅤㅤㅤㅤㅤ

○be supposed to は it is said to と同じ意味を持つ場合と違う意味を持つ場合があります。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

☆同じ意味を持つ場合

ㅤㅤㅤㅤㅤ

I want to see that movie. It’s supposed to be good.(=It’s said to be good)

私はその映画を見たいです。その映画は良作だと言われています。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

これはどちらも同じように使うことができます。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

☆違う意味を持つ場合

ㅤㅤㅤㅤㅤ

○be supposed to は「何かを想定している」というときに使うこともできます。また、その想定は「実際には起こらない」ことの方が多いです

ㅤㅤㅤㅤㅤ

What are you doing at work ? You’re supposed to be on holiday.

休みのはずなのに会社で何をしているんだ。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

この場合、想定されているのは「休み」ですが実際にはそうならずに、会社にいます。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

⚫Be not supposed to

ㅤㅤㅤㅤㅤ

○Be not supposed to という表現もでき、この場合は「許可されない、おすすめされない」という意味合いになります。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

You’re not supposed to park your car over there.

あそこに車を駐車してはいけないよ。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

駐車が許可されていないという意味合いです。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

Daruma is much better after his illness, but he’s still not supposed to do any heavy work.

ダルマは病気の後だいぶ良くなったが、まだ重労働をしない方がいいだろう。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

重労働はおすすめできないといった意味合いです。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

今回はここまでみたいだよ!
お疲れ様!

ㅤㅤㅤㅤㅤ

⚫参考文献

今回の内容は、English Grammar in Use という文法書をもとに作成しています。中身は全て英語で書かれていますが、とても良本です。「もっと詳しく文法を勉強したい」「練習問題をたくさん解きたい」という方にはかなりおすすめします。

English Grammar in Use Raymond Murphy 2012 p.90