[英語-学校では教えてくれない 英文法 解説] 「will」「shall」の違いとは?「意味」と「使い方」と「使い分け」を例文でわかりやすく短時間で学ぶ

[英語-学校では教えてくれない 英文法 解説] 「will」「shall」の違いとは?「意味」と「使い方」と「使い分け」を例文でわかりやすく短時間で学ぶ

前回の記事をご覧になっていない方はそちらから学習してください。

●Will

willは「丁度何かをすることを決めた」という意味で、決めたことを知らせる時に、I’ll (=I will) do something. という表現を使います。

言葉にするとややこしいので、例文を見てみましょう!

●例文

Did you phone him?
I forgot.I’ll phone him now.

彼に電話したの?忘れてた、今から電話するよ。

私は彼に電話することを忘れており、たった今電話することを決め、それを知らせています。

●I (don’t )think I’ll…

I(don’t )think I’ll…の形でも使われます。

I don’t think I’ll go out tonight.今夜は出かけないと思います。

●以前から決めていた場合

I willはたった今決めた。というニュアンスなので、以前から決めていたことに対しては使われません。

Are you working tomorrow?明日は仕事ですか?

仕事があるかどうかは、以前から決まっていることじゃ!

●willが使われるsituation

◯何かすることを申し出る時

That bag looks heavy. I’ll help you with it.そのバッグは重そうですね。手伝いますよ。

◯何かすることに同意する時

Can you give her this book? この本を彼女に渡してもらえますか?

Of course, I’ll give it to her. もちろん、渡しておくよ。

◯何かすることを約束する時

I won’t (=will not) tell anyone what happened. 何が起こったのか誰にも言いません。

◯何かすることを誰かに頼む時

Will you please turn the music down? 音楽の音量を下げてもらえませんか?

◯何かすることを断る時

The car won’t start. 車が発進しない。

車が発進するのを断った。ということだね。

●shall

shallは殆どが、shall I…?やshall we…?の形で使われます。誰かの意見を尋ねる時(特に申し出や提案)に使われます。

例文で確認しましょう!

●例文

Shall I open the window? 窓を開けましょうか。

Where shall we have dinner. どこで夕食を食べましょうか。

I’ve got no money. お金がありません。

What shall I do? 何をすれば良いですか?

●shall I…?とwill you…?の比較

Shall I open the door?ドアを開けましょうか。

Will you open the door?ドアを開けてくれませんか。

●Willの別の使い方

willは未来の出来事や状況を予測する時にも使われます。

例文を見てみましょう。

●例文

Where will you be this time next year?来年のこの時期はどこにいますか。

I’ll be in Japan. 日本にいると思うよ。

He won’t pass the exam. 彼は試験に通らないと思います。

●willと一緒によく使われる単語

◯probably

I’ll probably be home late tonight. 恐らく今夜は家に帰るのが遅くなる。

◯sure

I’m sure you’ll pass the exam. あなたはきっと試験に通るだろう。

◯I wonder

I wonder what will happen. 何が起こるんだろう。

●I hope

I hopeの後には一般的に現在形が使われます。willを使うことも可能です

I hope it doesn’t rain tomorrow. 明日は雨が降りませんように。

●例外的表現

willは一般的に未来のことを表しますが、時々現在のことを表します。

Don’t phone him now. He’ll be busy.彼に今電話しないで。彼は忙しいから。

●shallとwill

shallは通常、Iやweと共にのみ使われます。また、I shallやwe shallはI will やWe willと同じ意味になります。

I shall(will) be home late tonight. 私は今晩遅く帰宅します。

しかし、口語では基本的にI’ll やwe’ll を使用します。

否定形では、shall not はshan’t となります。

先ほども述べた通り、shallは基本的にはIやweとセットでのみ使われるので、

She will be very angry. 彼女はとても怒るだろう。

この場合はwillをshallに置き換えることはできません。

●まとめ

willはよく使われる表現なのでしっかりと学習しましょう。shallはほとんど疑問形で使われるので、肯定文での使い方は頭の片隅に入れておく程度で大丈夫だと思います。

●参考文献

English Grammar in Use Raymond Murphy 2012 p.42,44

今回の内容がお気に召しましたらぜひシェアを!