[英語-学校では教えてくれない 英文法 解説] 「could」「could have」とは?その違いとは?「意味」と「使い方」と「使い分け」を例文でわかりやすく短時間で学ぶ

[英語-学校では教えてくれない 英文法 解説] 「could」「could have」とは?その違いとは?「意味」と「使い方」と「使い分け」を例文でわかりやすく短時間で学ぶ

今回の内容を学習するにあたり、まずはこちらの記事から学習することを推奨します。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

●Could❶

could には様々な使い方があります。could の使い方は前記事[英語-学校では教えてくれない 英文法 解説] 「can」「could」「be able to」とは?その違いとは?「意味」と「使い方」と「使い分け」を例文でわかりやすく短時間で学ぶ 説明しましたが、他にも使い方があります。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

couldは「今、もしくは未来で可能性のある行動」について話す時に使うことができます。特に、「何かを提案をする時」に使われます。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

What shall we do tonight? 今晩何をする?

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

We could go to the cinema. 映画はどうじゃ!

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

canもまた同じように使うことができます。しかし、couldの方がcanよりも可能性は低くなります。これは実は英語においてとても重要な概念となります。理解せずとも英語学習を続けることができますが、より深く学びたい方はこの概念を理解することで今後の英語学習がスムーズになります。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

過去形の概念

過去形は単純に過去のことをは表す時にも使われますが、過去形には「現在との距離」という根本的な概念があるように思われます。「現在との距離」はすなわち「現実との相違」を表しています。簡単にいうと、「現実からは離れている、想像の話」のようなニュアンスです。でふから、canよりも、過去形であるcouldを使った方が可能性が低くなります。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

少し難しいかもしれません。今理解できなくても大丈夫です。またこの内容には触れる予定ですので、頭の片隅にいれておきましょう。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

また、couldは「非現実的な話」をする時にも使われます。この際、canは使えないので注意しておきましょう。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

I could sleep for a week. 1週間は寝れるよ。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

実際は1週間も寝ることはできないので、非現実的な話です。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

●canとcouldの比較❶

I can stay with him when I go to Japan. 私は日本に行く時、彼の家に滞在することができる(現実的)。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

Maybe I could stay with him when I go to Japan. 私は日本に行く時、多分彼の家に滞在することができる(可能だが可能性は低い)。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

This is a nice place. I could stay here forever. ここは素敵な場所だね。永遠にここにいることができるよ(非現実的)。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

●Could❷

「状況や出来事が今、もしくは未来で起こる可能性がある」と言いたい時にもcould を使うことができます。canは使いません。また、この使い方はmayやmightの使い方とよく似ています。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

The story could be true, but I don’t think it is. この話は本当かもしれないが、私はそうは思わない。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

●canとcouldの比較❷

The weather can change very quickly in the mountains. 山の天気は非常に急速に変わる可能性があります(一般的)。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

The weather is nice now, but it could change. 今天気はいいが、変わる可能性がある(一般的ではない)。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

●could have

could haveは過去について話す時に使われます。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

I could sleep for a week. 1週間は寝れる。

I could have slept for a week. 1週間は寝れた。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

時々、could haveは「何かが起こる可能性があったが起こらなかった」という意味になります。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

I was lucky. I could have hurt myself when I fell, but I’m OK. 私はとてもラッキーだった。転んだ時怪我をしたかもしれなかったが大丈夫だった。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

●couldn’t

何かが起こる可能性がない時に、couldn’t を使います。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

I couldn’t live in a big city. 私は大きな街に住めないだろう。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

過去の場合はcouldn’t haveを使います

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

I had a really good time. It couldn’t have been better. 私は本当に良い時間を過ごした。最高だった(これより良いことはありえない)。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

●まとめ

覚えるべきこと

◯couldは今、もしくは未来で行う可能性のある行動に対して使われ、特に提案をする際に使われます。canも使うことができますが、couldの方がより可能性が低くなります。

◯could は非現実的な行動について使われます(比喩的表現)。

◯couldは今、もしくは未来で起こる可能性がある状況や出来事について言うときに使われます。

◯could haveは上記に述べたcouldの意味の過去形として使われます。

◯could haveは、起こる可能性があったが起こらなかった。と言う意味でも使われることがあります。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

●参考文献

English Grammar in Use Raymond Murphy 2012 p.54

今回の内容がお気に召しましたらぜひシェアを!