[英語-学校では教えてくれない 英文法 解説] 「must(have)」「can’t(have)」とは?「意味」と「使い方」と「使い分け」を例文でわかりやすく短時間で学ぶ

[英語-学校では教えてくれない 英文法 解説] 「must(have)」「can’t(have)」とは?「意味」と「使い方」と「使い分け」を例文でわかりやすく短時間で学ぶ

⚫mustとcan’t

「何かが確実である」とあなたが信じている時、あなたはmustを使うことができます。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

I’m sure Taro gave me him address. I must have it somewhere. 私は確かに太郎から彼の住所を貰いました。どこかに持ってるはずです。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

太郎から住所を貰ったのは確実である。信じているってことか!

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

逆に、「可能性がない」と信じている時はcan’t を使います。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

He has just had lunch. He can’t be hungry already. 彼は昼ごはんを食べたばかりだ。もうすでにお腹が減っている訳がない。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

お腹が減っている可能性はないじゃろう!

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

⚫must haveとcan’t have

先程のmustとcan’t の使い方で、過去形の場合にはmust have とcan’t have を使います。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

I’ve lost my key. カギをなくしてしもうたわい。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

You must have dropped it somewhere. どこかに落としたんだよ。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

He can’t have got my message. 彼は留守電を聞いていないに違いない

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

can’t have の代わりにcouldn’t haveを使うこともできます。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

He couldn’t have got my message. 同上

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

⚫まとめ

覚えておくべきこと

◯mustは「何かが確実であると信じている時」に使うことができます。

◯can’t は逆に、「何かの可能性がないと信じている時」に使うことができます。

◯過去形ではそれぞれ、must have/can’t have となります。

◯can’t have の代わりにcouldn’t have を使うことができます。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

⚫参考文献

今回の内容は、English Grammar in Use という文法書をもとに作成しています。中身は全て英語で書かれていますが、とても良本です。「もっと詳しく文法を勉強したい」「練習問題をたくさん解きたい」という方にはかなりおすすめします。

English Grammar in Use Raymond Murphy 2012 p.56

お気に召しましたらぜひシェアを!