[英語-学校では教えてくれない 英文法 解説] 「must」「mustn’t 」「needn’t 」とは?その違いとは?「意味」と「使い方」と「使い分け」を例文でわかりやすく短時間で学ぶ

[英語-学校では教えてくれない 英文法 解説] 「must」「mustn’t 」「needn’t 」とは?その違いとは?「意味」と「使い方」と「使い分け」を例文でわかりやすく短時間で学ぶ

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

●must and mustn’t

You must do something と言うと、「それをする必要がある」という意味になります。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

I must hurry.

私は急ぐ必要がある。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

☆You mustn’t do something と言うと、「してはいけない」という意味になります。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

You mustn’t tell anyone.

誰にも言ってはいけない。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

must/mustn’t に関しては過去記事で取り扱っているので、そちらも参照ください![英語-学校では教えてくれない 英文法 解説] 「have to」「must」とは?その違いとは?「意味」と「使い方」と「使い分け」を例文でわかりやすく短時間で学ぶ

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

●needn’t/don’t need to

You needn’t do something と言うと、「する必要がない」という意味になります。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

I needn’t hurry.

私は急ぐ必要がない。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

don’t need to としても同じ意味になります。needn’t の場合はtoがいらないので、気をつけましょう。

●needn’t have

needn’t とneedn’t have を比較してみましょう。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

Everything will be OK. You needn’t worry.

全て上手くいく。君は心配しなくていいよ。

「心配する必要がない」という意味になります。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

Everything was OK. You needn’t have worried.

全て上手くいった。君は心配する必要がなかったね。

「心配したが、その必要はなかった」という意味になります。

needn’t haveは過去の出来事に対して、「〇〇したけれど、結局〇〇する必要はなかったね」と言いたい時に使います。上記の文章の場合は、心配したけれど、心配する必要がなかったね。と伝えています。

●didn’t need to

He didn’t need to something と言うと、「それをする必要がなかった」という意味になります。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

He didn’t need to get up early.

彼は早起きする必要がなかった。

もし上記の文章を、He needn’t have got up early と言うと、「彼は早起きする必要がなかったけど、早起きした」というニュアンスになります。しかし、didn’t need to を使うと、「彼は早起きする必要がなかった(早起きしたかもしれないし、していないかもしれない)」というニュアンスになります。これがneedn’t have とdidn’t need toの違いになります。

didn’t have toも同じように使うことができます。

●まとめ

覚えておくべきこと

・You needn’t do something と言うと、「それをする必要がない」という意味になります。don’t need toとしても同じ意味になります。

・needn’t haveは「〇〇したけれど〇〇する必要がなかった」という意味になります。

・didn’t need to は「〇〇する必要がなかった(〇〇したかしてないかはどちらでも良い)」という意味になります。

・didn’t have to はどちらの場合も使えます。

●参考文献

English Grammar in Use Raymond Murphy 2012 p.64

お気に召しましたらぜひシェアを!